A25b197fa8cc82d4b9df5da8a46c98b9
ゆうてんQP+

○○を作ろう!

2018/07/04 11:47 昼ごはん パン イベント お買い物 趣味

「デアゴスティーニ」

「アシェット」

って会社名をご存知でしょうか?

あるひとつのテーマをとことん突き詰める内容の本を分割して週刊で発行する雑誌会社です📖

コンプリートするとそのテーマの百科事典のようなモノが出来上がります


・音楽CDや映画のDVDに解説書が付属するタイプ

・パッチワークや工芸の材料や道具が付くタイプ

・完成済みの模型やフィギアを集めるタイプ

・付録はつかない解説書や雑誌だけのタイプ

・パーツを組み立てるタイプ

主にこの5種類があります📖


中でも「週刊○○を作る」シリーズは

毎週解説書と部品がセットで販売されて、全部集めると分厚い解説書と非売品の○○が完成します


○○が「戦艦大和」だったり「西洋時計」「ドールハウス」「3Dプリンター」など、多種多様なモノが発刊されています📖


特徴としては

・解説書や部品は毎週小出しに発行

・創刊号のみ破格の安さ

・完成までに1~2年かかる

 などとなっています



そして私が選んだのは

「Tyrrell P34をつくる」

アシェット社発行の週刊誌です📖

マシンの説明は長くなるし、クックパッド佐藤琢磨応援団員の約1名様を除いては興味もないだろうからザックリ説明すると…

1976年のF1マシンで、クルマのタイヤは4輪との概念を打ち砕く6輪のF1マシンです

記者に新車をお披露目した直後、笑いが起こりティレルチームの冗談だと思われていたそうです

しかし6輪マシンは安定した成績を残しています

優勝もポール・ポジション(予選1位)もファステストラップ(レース中に一番速かった一周のタイム)も獲得していて、1976年に富士スピードウェイ開催のF1イン・ジャパンでは2位表彰台を獲得しています🗻

このようなレギュレーションの隙間を縫うような突拍子もないアイデアが素晴らしいです

エンジンはご存知「フォードコスワースDFV」

特殊なタイヤの供給が難しいとの理由で短命に終わりましたが、F1の歴史の1ページに名前を残す名車であることには間違いないでしょう


そんなティレルP34専門雑誌の中身は…

「マガジン」と称しているティレルP34の解説書


そして1/8スケールのモデルカー部品


創刊号の部品はフロントウイングと


ステアリングとメーター



そして次週発売の第2号のパーツは…

ティレルP34の次号のパーツは

「左第1前輪ディスクブレーキ」


このように解説書と部品は毎週小出しに発行されるのですが、完成させるまでを計算してみました


ティレルP34は全110号発行でモデルカーもマガジンも完成します

創刊号は特別価格190円ですが、2号~110号は定価1,799円なので、完成までにかかる総額は

196,281円になります…


いくらティレルP34が好きでも20万円は出せないし、全長51cmは大きすぎるな…

と言う訳で創刊号のフロントウイングだけで残りは買うつもりありません(笑)

テレビ台に乗せてみました♪

ほらっ、十分に主張しているオブジェだ(笑)

ちなみに左は同じく「週刊GT-R Nismo」の

創刊号のフロントバンパーのみ(笑)


このフロントウイングだけでもティレルP34とわかるので満足です

まあ宝くじでも当たれば買ってもいいかな…



意外な発見🍔

NICE TOWN BURGER(山梨県富士吉田市)

自家製スモークベーコンチーズバーガー(1,580円)


私のインスタに「いいね」してくれた人を見ていたら地元にあるハンバーガー屋さんだったので行ってみました🚙💨

小さいけど内装もいい雰囲気の店で、近所にこんなハンバーガー屋さんがあるのを知らなかったし、こんな田舎で美味いハンバーガーが食べられるとは思ってもいなかったので意外でした♪



読んでいただき、ありがとうございます♪


~ゆうてんQP~


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください